語落/GORAKU/動画/見逃し配信の再放送/落語/フジテレビ/サイト

2020年6月5日25時30分から放送です

見逃した方や放送地域にない、見れない方は(アンカーテキストをクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

(無料視聴できます)

↓ ↓

語落/GORAKU/動画見逃し配信(落語フジテレビ番組)の無料視聴できるサイト

語落 -GORAKU-/番組内容

フジテレビがお送りする今宵限定の超プレミアム落語番組! 落語ファンなら永久保存版… 初心者なら虜になること間違いなし… いま落語界を席巻し、激しいチケット争奪戦が繰り広げられる「超人気の落語家たちが今夜限りの大集結」 番組MCは山里亮太&柳家喬太郎! 実は三遊亭兼好に外弟子として弟子入りし「三遊亭兼便」の名前で高座に上がり落語を披露している経歴を持つ山里。 そして、誰しもが認める実力と人気を誇り「いま一番観たい噺家」として落語界に君臨する柳家喬太郎! そして落語を披露してくれるのは、実際に高座を見ようと思ってもチケット入手困難な超人気の落語家たち! この時期だからこそ全員集合が実現した奇跡のメンバー。彼らが高座にかければ爆笑必至&客席を感動の渦に巻き込む珠玉の落語を披露! 「ステイホーム」の合言葉の元、笑いあり感動ありの「娯楽の落語」を楽しみませんか?

語落 -GORAKU- 出演者

山里亮太(南海キャンディーズ)  柳家喬太郎  林家彦いち  立川談笑  桃月庵白酒  柳家三三  三遊亭兼好  春風亭一之輔  桂宮治

語落/GORAKU/動画見逃し配信(落語フジテレビ番組)の無料視聴できるサイトストーリー性

語楽ってやっぱり落語の反対語だったんですね。タイトルから言って面白そうです。私も落語番組は好きでフジテレビではないのですが、多局の番組をよく見ます。フジテレビの落語番組ってめずらしいですね。ここに出てらっしゃる落語家の人達のお名前は知らないのですが、高座のチケットを取るのもなかなか難しいとのこと。そういう人たちの落語をただでテレビで見られるのだから本当にお得な番組ですね。写真を見る限りベテランから若手までそろっているのでその世代ならではのいろいろな落語が聞けそうです。後、南海キャンディーズの山ちゃんが落語家の弟子だったとは初めて知りました。あの軽妙なトークの基盤は落語の修行からきているのですね。MCが山ちゃんとなっていますが山ちゃんが高座に上がるコーナーがあったらなと思います。いつもスーツ姿の山ちゃんが着物を着ている姿は想像できませんが、落語って本当に日本独自の素晴らしい文化ですよね。今のお笑い番組では体を張った芸をする方も多いですが話一つそれもコンビではなく一人であれだけ多くの客を笑わせる。本当に落語家はすばらしい才能を持ってらっしゃるんですね。もちろん高座に上がれるようになるにはそれなりの修行もいるでしょうが今これを書きながら落語家ってやっぱりすごいなとしみじみ感じています。きっと面白い番組です。老若男女楽しめます。断言します!!

語落 -GORAKU- 楽しみな点

フジテレビ系列のフジバラナイト枠で放送される『語落 -GORAKU-』。
「超人気の落語家たちが今夜限りの大集結」 とのことで、今をときめく落語界の人気者たちが一堂に会する番組のようですね。
私は落語というものを見に行ったことはないのですが、人気の高い噺家の高座を見に行こうと思っても、寄席のチケットが奪い合いになっているので、なかなか手に入らないとのこと。
考えてみれば、落語家はマイクを使うようなこともありませんし、その声が十分に届く範囲にしか客席が用意できません。そのため、自然と寄席の広さは限られてしまい、席数も少なくなってしまうのですね。
今は「ステイホーム」が叫ばれる情勢下で、落語の寄席も閉まったままでしょうが、だからこそチケット入手困難な超人気の落語家たちを集めることができたそうで、落語という伝統話芸をじっくり楽しむ良い機会になりそうで楽しみです。
また司会を務める南海キャンディーズの山里亮太さんは、実は三遊亭兼好さんの外弟子で「三遊亭兼便」の名前で高座に上がって落語を披露したという意外な経歴を持ち合わせているそうで、番組の中ではその「三遊亭兼便」の落語が披露されるのではないかと期待しています。

語落/GORAKU/動画見逃し配信(落語フジテレビ番組)の無料視聴できるサイト- 視聴者感想

噺家さん達が大集結で、一気に人気の噺家さん達の落語が見れるという事でとても楽しみです。
落語の事はあまり知らない私ですが、南海キャンディーズの山里さんがMCで、落語の経験もあるという事なので、落語初心者の視聴者にも
分かりやすく解説も交えつつも番組を進行してくれる事を期待しています。そしてもう一人のMCの柳家喬太郎さん。
落語の事をあまり知らない私でも名前は知っているので、今回初めてゆっくり柳家喬太郎さんのトークが聞けるのが楽しみです。
今まで「お笑い」といえば、落語より漫才を選んで見ていました。どことなく落語は難しい、という印象があったので、
今回この番組でそのイメージを払拭できたらと思っています。
また出演者はチケットがなかなか手に入らない噺家さんばかりという事なので、
ちょっと暗い気持ちになっていた世の中を笑いで明るくしてくれそうで、とても嬉しいタイミングでの放送だと思います。
私もいっぱい笑って、お気に入りの噺家さんを見つけたいです。
そして落語というものが私みたいにあまり知らなかった人や多くの世代にもっと知れ渡って、
落語番組がもっと頻繁に放送してくれるようなきっかけにもなる番組になって欲しいな、と思いました。

まとめ

一般庶民においては中々に親しみのない演芸です。もちろん、もともとは大衆演芸として花開いた古来日本のエンターテイメントなのは承知の事実でしょう。
ですが、何かと敷居が高い。そう思われています。
昔から変わらない、古典を演る。コレを一等とされると思われているのが大きな要因かと思います。
とは言え、庶民が笑いの文化が嫌いなわけではありません。
漫才やコントなど、現代的な芸風でテレビや、舞台などを大いに賑やかしています。
生真面目が服を着た日本人と揶揄されていますが、それでもコメディアンや、芸人が大好きです。
そんなバックグラウンドがあるためか、いくら古典とはいえ、「落語」は日本人ならば知っています。
何ならば、「まんじゅうこわい」くらいの「さげ」は知っています。
最も、落語家についてはそれほど有名ではなく、「笑点」に出ているひとぐらいしか思い出せなかもしれません。
落語と言えば、笑点。笑点と言えば落語。
今でこそ、「それなり」になってしまった番組「笑点」には、この曜日にあの時間、必ずやっているという安心感があります。
そう、安心感です。
何かと不安が多い昨今。求められるのはやはり安心感でしょう。
古典だろうが、現代落語だろうが、安心感は揺るぎません。
そんな落語が視れる。それも山里亮太&柳家喬太郎で。
安心できる期待で、不安を吹き飛ばしましょう。

(無料視聴できます)

↓ ↓

語落 -GORAKU-見逃し配信無料視聴サイト